広告

■『せどり』をやっていました

私はアフィリエイトを含めたネットビジネス全般について「お小遣い程度にしか儲からない副業」と考えていました。

 

私がインターネットを使い始めたのは・・・

Yahoo!IDの登録年月が2000年1月になっているのでかれこれ16~17年くらいでしょうか、当時は通信時間を気にしながら電話回線に繋いでいました。

テレホーダイ(深夜23時~翌朝8時は定額料金のプラン。懐かしい!!)、ADSLなどが出てきてからは使用頻度も高まり、掲示板やICQ(これまた懐かしい!)でのやりとりが楽しかったのを覚えています。

 

ヤフオクとの出会い

その後、趣味であるバイクの中古部品がヤフオクで売れるというのを聞いて以前乗っていたバイクから外した改造パーツなんかを出品していました。

たしかYahoo! IDを登録したのもヤフオクをするためでした。

自分にとってはゴミでしかなかったものが予想以上に高値で売れて、お小遣いになりました。また、当時のヤフオクは参加人数もすくなかったので、購入の際にも未使用品や店頭では手に入らないような輸入部品など程度の良い品物があまり競らずに安く買える状況でした。

==== 

 

その当時はヤフオクで商売をするといった考えは全く無く、不要品は捨てるよりもヤフオクで売る。いいものを安く買うにはヤフオクを見る。ということしかしていなかったので手持ちの品物がなくなれば終わり。「不要品の処分、以上。」でした。

 

ヤフオクは儲かる

ゾイド』というプラモデルをご存知でしょうか?

私が小学生の頃に流行したモーターやゼンマイで動くプラモデルです。

まさにロボットを組み上げるようなおもちゃで、当時から大好きでした。

そんなゾイドが10~15年してリバイバルされたのです!

懐かしさのあまり1つ購入・・・2つ購入・・・

大人ってヤバイ

 

で、このゾイドがリバイバルされてから限定品っていうのが発売され始めたんです。

TVゲームの限定品はヤフオクで買値より高く売れることは知っていたので、たまに出品していました。そこでヤフオクをチェックしてみると、

限定品のゾイドはなんと2倍ほどの価格で落札されているではありませんか!

しかも、それだけではなかったんです。

旧版、すなわち私が小学生のころに発売されていた商品は10倍ほどの落札価格になっていたのでした!!

これは儲かる!!と思ったので

当時学生だった私はお金はありませんでしたが時間はありましたので、街中を駆け巡り、昔からあるおもちゃ屋さんを1件1件旧版がないかを訪ねて何個かをゲットしたのでした。

ただ、やはりこの旧版ゾイドはかなり数が限られていましたので安定した仕入れが出来ず事業化なんて考えられるものではありませんでした。

所詮は新しいゾイドを買うための資金にしかなりませんでしたw

 

ネットビジネスという考え方

今ネットビジネスで活躍している方々のお話を見たり聞いているとこのヤフオクをヒントやきっかけににして商売に目覚め、事業化、起業された方が多いようです。

私がヤフオクで事業化出来なかった理由は明確で、仕入れの安定化が出来なかったことです。

商品にこだわりが強すぎて他が目に入っていなかったんでしょうね。

インターネットの強みの一つとしてリサーチ、テストができるという点だと思いますがそれに気付かなかったんです。

 

ヤフオクで他に値差が大きい商品を探して街中で仕入れ・・・

これって今考えると「せどり」ですね。

そしてそのノウハウを売れば情報販売。

今思えば当時からPPC広告とかもあったよなぁ・・・

ゾイドの詳しい情報、レビューをサイトにしていればサイトアフィリ。

 

私は当時、ヤフオクは小遣い稼ぎという考えから脱出できず、本業はサラリーマン以外の生き方を想像出来なかったんです。

お金が欲しいというよりは給料を多く貰いたいという考えでした。一生懸命頑張っていればいつかは認めてもらえて給料が上がると信じていました。

 

あぁ、もったいない (;´Д`)

広告を非表示にする